Explorer Diary Day2

探検日誌 2日目

今日の目標はこの惑星を出る事だ。
やり残した事が無い様、入念に探索する。
後1種類の生物も見つけなければ、、、

まずは投下ポッドを探し、インベントリのアップグレードを進める。
20160815205316_1

廃棄されたシェルターも積極的に掘り起こして、テクノロジーの設計図を収集&サンプル回収
20160815210133_1

20160815210145_1

あっちをウロウロ、こっちをウロウロしている内に地面に何か黒いものを発見。
いや、違うこれは、、、上だ!!何かの影だ!
20160815215843_1

遂に最後の1種類の生き物を発見、これで図鑑コンプリートだ。
最後の1種類は鳥類だったとは・・・

図鑑をアップロードして、初任務が完了!
宇宙船の修理も終えたので、最後に発見したベース基地へ立ち寄ってそろそろ宇宙へ行こうと思う。

最後に寄ったベース基地の壁に見慣れないオブジェがある事に気が付いた。
中にはどうやらマルチツールが入ってる模様。
ん??交換?これもしかして有料で交換できるのか!!!
20160815221946_1

新しいマルチツールに交換するとスロットが増えて見た目が変わったりして良い事尽くめだが
強化したパーツ等は持ち越せない為、再度資材を使って強化のやり直し。

消耗した資材を補充しつつ近所を散策していると、墜落船を発見!!!これは救助にいかねば!
20160815224257_1

興奮しすぎて撮影し忘れると言う大失態を犯したが、結論としては船は大部分が故障しており放棄されていた。
故障箇所の修理を自分で請け負う事で何と宇宙船を交換できるのだ。

インベントリが大きく増え、武器の性能もかなり上がるので迷わず交換した。
故障箇所を修理し、資源の補充が完了したので宇宙を目指す事にする。

初の大気圏突破から宇宙の旅は非常に忙しくここでもまた撮影を忘れたので
宇宙旅行の様子は後日また詳細を書こうと思う。

宇宙を自由気ままに飛んでいると、新しい惑星とその軌道上に宇宙ステーションなるものを発見。
通常飛行で飛んでいると視認出来ていても気が遠くなる時間とデブリの損害が発生するので
ハイパードライブ飛行でワープを試みて宇宙ステーションに着陸する。

20160816042100_1
宇宙ステーションのトラクタービーム範囲に船を寄せると自動操縦に切り替わり着陸フェーズを代行してくる。

これが私の新しい船だ。
20160816042123_1

ちなみに昔の船はこんな感じ
クリップボード01

暫く眺めていると何と、他の旅行者が次々とステーションに発着しているではないか!!
20160816042401_1

思い切って話しかけてみる。
すると、どうやら彼らを相手に商売が出来るようだ。ん?宇宙船を購入する!?まさか、、、
20160816054659_1

やはり!!彼らに交渉すれば気に入った宇宙船を譲って貰えるようだ!
20160816055238_1

ちなみに、私の宇宙船のスロットが現在16である事を考慮すると上記の30スロットの宇宙船は
とんでも無く高性能である事が分る。

お値段は4,600 UNIT、私の現在の所持金は1,200UNIT、、、、
血を吐く思いをしてやっとの事で稼いだ額の4倍。。。もっと稼いでいつかは大きなお船に乗ろうと決意した。

暫くステーションを眺めていると次々と変わった宇宙船が発着している。
そして彼らは様々な積荷を持っていてその取引額もバラバラである。
安く買って、高く売るを繰り返す商人としてもやっていけそうな気がした。

今日はその後、別の惑星を訪れたが大きな発見は無かった為、後日にまとめてるとして
2日目の探検日誌はここまでとする。

0 Comments

Be the first to post a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。